「ゴルゴ13」制作システムの文化継承を目指す『さいとう・たかを賞』創設

一般財団法人 さいとう・たかを劇画文化財団(本部:東京都中野区)は、小学館(本社:東京都千代田区)の後援のもと『さいとう・たかを賞』を創設します。この賞は、分業・プロダクション方式でのコミック制作を貫いてきた「さいとう・たかを」の志を受け継ぐコミック制作者に光を当て表彰し、その制作文化の継承を行うことを目的としております。年1回、該当作品と作者の発表並びに表彰を行います。

1968年11月小学館「ビッグコミック」誌で連載が始まった劇画「ゴルゴ13」は、2018年に50周年を迎えます。現実におこった事件や社会情勢がストーリーの題材として登場するのは、多数のシナリオ協力者が執筆していることで可能になり、それが作品のクオリティを保ち時代を超えて愛される原動力に繋がっています。

これはさいとう・たかをが当初から実施してきた、分業・プロダクション方式での劇画制作によって可能になったといっても過言ではありません。その志を受け継ぐ制作者に光をあてるために創設されるのが、『さいとう・たかを賞』です。一人が作画とシナリオを担うのではなく、分業・プロダクション方式での制作を行っている多くの作者の応募作品の中から
毎年1作品を選定し正賞を贈りその栄誉を称えます。第1回贈賞式は、2018年1月を予定しています。


『さいとう・たかを賞』概要

選考対象作品条件
2014年9月1日から2017年8月31日までの間にコミックス第1巻が刊行されており、シナリオライター・作画家の分業により制作されている、成人男女を主な読者対象としたコミック作品。
※完全オリジナルシナリオ作品に限ります。
※同人誌やWEB媒体等で発表されたのみでコミックスとして刊行されていない作品は、授賞対象外とします。

賞品
正賞 ゴルゴ13像 [シナリオライター・作画家・編集者(または編集部)に各1点]
副賞 賞金各50万円 [シナリオライター・作画家]

応募方法
担当編集者による応募のみ受け付けます。(編集部単位でまとめての送付も承ります)
対象作品のコミックス第1巻2冊にエントリーシートを添付し、下記宛先へお送りください。


〒164-0001
東京都中野区中野1-55-3 
一般財団法人 さいとう・たかを劇画文化財団
「さいとう・たかを賞」係


※エントリーシートは、『さいとう・たかを賞』のウェブサイトからダウンロードできます。
[URL] http://www.saitotakao-gekiga.or.jp/award
※お送りいただいたエントリーシート・コミックスは返却いたしません。あらかじめご了承ください。

選考方法
さいとう・たかを劇画文化財団内にて一次選考を行ったのち、さいとう・たかを、やまさき十三氏、池上遼一氏、佐藤優氏、相賀昌宏氏の5名にて最終選考を行います。

スケジュール
6月1日 応募受付開始
8月31日 応募受付〆切(当日消印有効)
9月中旬~下旬 一次選考会 (※9月末までにメールにて選考結果をご連絡させていただく予定です)
12月上旬 最終選考会
2018年1月12日 発表・授賞式/さいとう・たかを劇画文化財団ウェブサイト上にて受賞作発表

主催
一般財団法人 さいとう・たかを 劇画文化財団

後援
小学館

『ゴロウ・デラックス』さいとう・たかを出演いたします

TBSテレビ『ゴロウ・デラックス』さいとう・たかを出演いたします
番組名:ゴロウ・デラックス
放送局:TBSテレビ
放送日時:2016年7月21日(木)24:58〜(※関東ローカル)

→ ゴロウ・デラックス(番組HP)




『漫道コバヤシ』さいとう・たかを出演いたします

『漫道コバヤシ』さいとう・たかを出演いたします

『漫道コバヤシ』さいとう・たかを出演いたします

番組名:漫道コバヤシ
放送日時:2015年12月14日(月)22:00-23:00
     2016年1月21日(木)21:00-22:00

→ 漫道コバヤシ(番組HP)




『浦沢直樹の漫勉』さいとう・たかを出演いたします

『浦沢直樹の漫勉』さいとう・たかを出演いたします
9月25日(金) 23:00~
NHK Eテレ(地上波)

→ 浦沢直樹の漫勉(番組HP)




メディア芸術データベースで、さいとう・たかを作品が検索できます

文化庁のメディア芸術デジタルアーカイブ事業の一環として作成された「メディア芸術データベース(開発版)」では、さいとう・たかを、およびさいとう・プロダクション作品を検索する事ができます。是非ともご活用ください。


→ 作品を検索する

→ メディア芸術データベース(開発版)