スタッフ紹介

さいとう・たかをプロフィール

さいとう・たかを

Takao Saito

本名 齊藤隆夫

生年月日 昭和11年11月3日

出身地 和歌山県

血液型 A型

 

大阪より東京へ 昭和30年~34年
昭和11年11月3日(…なぜか文化の日)生まれ。小学、中学を通じてケンカと図工はクラスでトップ。ボクサーか画家になりたいと思ったのがこのころ。中学時代は、なぜか相撲部員。ヒマとコズカイがあれば映画館びたり。
昭和25年 大阪府下福泉中学卒業後、家業の理髪店を手伝いながら、ますます映画狂いが始まる。このころ観た映画では「キングコング」「宇宙戦争」「無法松の一生」などに、いたく感動した。1日での最高記録は、4館をハシゴしての7本半。このころより、さし絵画家から、ストーリー漫画家に志望が変更したのは映画の影響と、進駐軍が持ち込んだアメリカ漫画誌、いわゆる"10セント・コミックス"を観た事による。当時のまんが家では、とくに峠鉄平、酒井七馬、手塚治虫が大好きだった。
昭和27~31年 家業の理髪店を継がされ大阪・今里新地に出店。

マンガ界にデビュー
昭和30年 大阪〈日の丸文庫〉より「空気男爵」でまんが界にデビュー。2年近くもかかった大力作。
昭和31年 "赤い三角部屋""死太刀双之進""修羅の舞"など、主に〈日の丸文庫〉を中心に単行本を発表。当時の貸し本屋ブームのなかで、人気を築く。
昭和33年3月 上京。国分寺に仲間が集まり過ぎて、喫茶店ゴロの毎日。"新漫画"論争はなやかなりしころ。国分寺かいわいは"劇画村"のはしりとなる。
昭和34年  "新漫画"の名称を、辰巳ヨシヒロ氏提唱の"劇画"に統一。辰巳ヨシヒロ、松本正彦、佐藤まさあき、石川フミヤス、桜井昌一、山森ススム、K・元美津の7作家とともに"劇画工房"を結成。劇画はますます貸本まんが業界に旋風を巻き起こすことになり、それとともに劇画はハイティーン層の読者を目指す。

プロダクションの設立
昭和35年4月 劇画工房の分裂とともに独立して法人組織"さいとう・プロダクション"を設立。営業、総務の担当者として実兄の発司氏を大阪より呼びよせ、劇画制作に並行して出版を始める。 これからの劇画は個人の創作ではないとの考えから、はっきりした分業制度を導入。当時まだ劇画のフランチャイズは貸本店であったが、そろそろ大手出版社の児童マンガ雑誌に劇画の"殴り込み"が激しくなる。

雑誌への進出
昭和42年11月 さいとう・プロ、中野区本町6-12-11に移転。制作、出版とも規模を拡大。
昭和44年 3月 〈無用ノ介〉(少年マガジン連載)テレビ(NTV系)で放映始まる。 劇画に持ち込んだ映画的技法が逆に生きて大好評。主演は伊吹吾郎、劇画の迫力そのままの演技で一躍スターに。
昭和46年 劇画通信教育ゼミナール開講。全国より約250名の劇画家志望者が受講。

「劇画」の時代へ
昭和47年4月 「バロム・1」(ぼくらマガジン連載)テレビ(NTV系)で放映開始。「ゴルゴ13」(ビッグコミック連載)テレビ(TBS系)で放映開始。従来のアニメでなく、雑誌の画面をそのまま使った"ダイナビジョン"方式。「やっぱり、銃声が聞こえるのはええなあ」と思った。
6月 「影狩り」(週刊ポスト連載時)東宝映画にて、映画化。主演石原裕次郎。 このころより映画制作への意欲まんまん。「ただしヒマとカネがあれば…。」作ってみたいものは時代劇、SFなど"これぞ映画、活動大写真"といったもの。
昭和48年9月 「ゴルゴ13」の映画化企画が持ちあがり東映スタッフらと、舞台となるイランへ取材旅行。テヘラン、シラーズ、イスファハンへと、モスク(寺院)と広大な砂漠ばかりを駆け回っているうち、90キロの巨体が85キロへ減量。
12月 「ゴルゴ13」東映映画封切り。主演の健さん(高倉健)については、ゴルゴ13創造のときから健さんのイメージが心の中でダブっていた。
昭和49年4月 日本漫画家協会理事に就任。 「もう劇画も"ままっこ"あつかいやないでぇ!」と大はりきり。
昭和50年3月 小学館漫画賞(劇画部門)受賞(ゴルゴ13シリーズ)「受賞はスタッフ一同のもの」と祝杯をあげる。
9月フランス、スイス、スペイン、デンマーク、イギリスなど取材旅行。「特にスペインは帰りたくなくなるくらい良かった」と帰国第一声。
昭和52年4月 日の丸文庫・出身作家による「同窓会」パーティー開催。松本正彦、佐藤まさあき、水島新司、篠原とおる、政岡としや、沼田清、山上たつひこの各氏ら新旧のメンバー約50人が勢ぞろい。大御所手塚治虫先生も駆けつけて来られ大盛宴。思えば20年前、貸し本屋で産声をあげた漫画界の鬼っ子・劇画も、ついに「大成長」と祝盃をあげバンザイの三唱。 自慢のノドで「影を慕いて」の披露に及んで、出席していた日の丸文庫の社長、ついに感極まって涙。
昭和52年8月 「ゴルゴ13」NHK・FM放送でラジオ・ドラマ化。
9月 「ゴルゴ13/九竜の首」東映映画封切り。主演に千葉真一。
昭和53年6月 劇画の最終的形態は、昔のアメリカ製「10セント・コミックス」だとの持論がついに実り、大長編読み切り「200円ロードショー劇場」と銘うって、そのシリーズ第一作「キャノンボール・奴らの戦場」を発表。業界の注目をうける。「いつでも、どこでも、映画と同じくらい楽しめる劇画」を旗印に。
昭和53年7月 「サバイバル」(少年サンデー連載)NHK・FM放送でラジオ・ドラマ化。

→「さいとう・プロの歩み」も併せてご覧下さい!

石川フミヤス プロフィール

1959年1月、さいとう・たかを、辰巳ヨシヒロ、松本正彦、佐藤まさあき、桜井昌一、山森ススム、K・元美津とともに漫画家グループ「劇画工房」に参加。同人誌『劇画界』の刊行を行うなどの活動をする。
1960年、「劇画工房」解散後「さいとう・プロダクション」設立と共にスタッフとなる。その後は『ゴルゴ13』『鬼平犯科帳』などのさいとう・たかを作品の構図・作画を担当する。
晩年までさいとう・プロダクションのスタッフで製作に関わっていた。
さいとう・たかを氏と60年の日々を共に過ごし2014年11月他界する。
天国にていても「さいとう・たかを」ファンでいる。

制作スタッフ プロフィール

赤司教

Satoshi Akashi

 

本名 赤司教

生年月日 昭和45年10月28日

出身地 福岡県

血液型 B型

宇良尚子

Shoko Ura

 

本名 宇良尚子

生年月日 昭和51年9月2日

出身地 沖縄県

血液型 O型

徳富祐

Yuu Tokutomi

 

本名 徳富祐

生年月日 昭和46年4月30日

出身地 山口県

血液型 B型

上農博昭

Hiroaki Jono

 

本名 上農博昭

生年月日 昭和36年7月20日

出身地 富山県

血液型 O型

木村周司

Syuji Kimura

 

本名 木村周司

生年月日 昭和○×年1月12日

出身地 東京都

血液型 A型

白川修司

Syuji Shirakawa

 

本名 白川修司

生年月日 昭和36年11月20日

出身地 宮崎県

血液型 O型

藤原輝美

Terumi Fujiwara

 

本名 藤原輝美

生年月日 昭和41年6月13日

出身地 鳥取県

血液型 O型

ふじわら・よしひで

Yoshihide Fujiwara

 

本名 藤原芳秀

生年月日 昭和41年6月13日

出身地 鳥取県

血液型 O型

さとう ひろ

Hiro Sato

 

本名 さとうひろ

生年月日 昭和50年1月3日

出身地 神奈川県

血液型 A型

古賀憲

Ken Koga

 

本名 古賀憲

生年月日 昭和36年5月11日

出身地 東京都

血液型 A型